美華ガーデンから見たダイヤモンド富士

2013年2月31日
写真をクリックすると拡大します。
27~29日にかけて、九州から関東地方まで、相次いで梅雨入りしました。今年はフィリピン沖の南シナ海の海水温の上昇が例年より早く、偏西風が北に押し上げられて、暖かく湿った空気の流れ込みが早まったので、梅雨入りが例年より10日ほど早まりました。明ける時期は例年並みなので、曇りや雨の日が多い梅雨が長く続くようです。

梅雨の合間の久しぶりのチャンスなので、期待して御殿場へ出かけました。
御殿場線の車窓からも富士山は見えましたが、周りは前も後ろも雲で、よく見ないと見逃しそうでした。
御殿場駅ではハッキリ見えましたが、背後の雲は厚そうでした。こんな時は仰角が大きくて、太陽が元気なうちにダイヤが始まる近場が有利です。

先日見つけた東富士演習場の小山川調節池へ行ってみました。駅ではまだ無かった手前に、雲がわいて山頂を隠していたので、大子山まで下がることにしました。
暫く様子を見ていたら、流れている雲で山頂が見えたり隠れたりしていました。
富士山が見えないと始まらないので、ここは諦めて、美華ガーデンまで下がることにしました。

着いたときには太陽は雲間で元気に輝いていましたが、山頂付近の雲は厚く、心配した通り、消えてしまいそうでした。
丁度沈み始める時に、黒い帯が山頂の上を覆い、太陽は一旦消えてしまいました。半分ほど沈んだ頃雲が上昇して、再び太陽が顔を出してくれました。

ここの責任者が変わって、「今後は事前に撮影の許可を取ってください。」とのことです。

夕焼け

御殿場駅

撮影場所

大きな地図で見る

360°パノラマ

大きな地図で見る