めんようの里から見たダイヤモンド富士

昨日は晴れの予報に反し、台風からの雲が一日中消えませんでした。
その台風も去り、今日は何ヶ月振りかで雲一つ無い日本晴れの青空が広がりました。
空気も澄んで横浜や遠く館山のカメラでも富士山が見えていました。

秦野から曽屋弘法行きのバスに乗り、終点の一つ手前、弘法山入口で降りて、かなり急な坂道を登っていくと、10分ほどで今日のポイントめんようの里に着きます。
眺望が良く秦野の街が一望できます。
道路沿いに多くの三脚が並んでいましたが、街が良く見える崖の上に決めました。

富士山は朝からずっと見えていましたので、安心してノンビリ時間まで待つだけです。
一人二人と帰り最後の一人になってしまいましたが、富士山はまだ見えていました。

休日ダイヤでバスは16時半で終わりなので、帰りは駅まで歩きました。下り坂を軽快?に歩いて、約35分です。

2009年9月20日
Google Earthで見た撮影場所の地図

写真をクリックすると拡大します。


撮影場所


大きな地図で見る