めんようの里北から見たダイヤモンド富士

2017年3月22日
写真をクリックすると拡大します。
気象庁は昨日、東京都心で桜が開花したと発表しました。平年より5日早く、昨年と同日でした。東京が全国トップで開花したのは9年振りです。
東海上に移動した、雨を降らせていた低気圧と、大陸から接近する高気圧に挟まれて、冬型の気圧配置になりました。穏やかに晴れましたが、冷たい北風で体感はそれほど暖かさを感じませんでした。

午後になると、いつも通り西の空に雲が出てきました。松田山のライブカメラまでは、富士山が見えていたので、確率の高そうな秦野にしました。めんようの里の北の見晴らしの良いところです。曽屋弘法から坂道を十数分上ります。眼下に秦野の街が広がり、その先のチェックメイトの右に富士山が有ります。

道中富士山はずっと雲の中でしたが、ポイントに着いたときには、山頂が見えていました。しめしめと思う間もなく、雲が増えて消えてしまいました。雲の変化を楽しみながら?待つしかありません。
太陽が近付くと雲を纏った富士山のシルエットが現れ、沈み始めると山頂も見えてきました。
ダイヤ後は、また雲の中へ消えてしまいました。幸運にもダイヤの間だけ、山頂が見えていました。

撮影場所

360°パノラマ