横浜マリンタワーから見たダイヤモンド富士

2014年3月11日
写真をクリックすると拡大します。
3月上旬は寒波の影響が続いたため、東京の日最高気温の平均は10℃を下回り、30年ぶりの低さでした。また、北海道の旭川では35年振りに10日連続で真冬日になりました。
今季最強クラスの寒気が流れ込み、10℃を少し超えただけの冬の寒さでしたが、昼間は穏やかに晴れて、日差しの暖かさに春の気配を感じられました。

良く晴れていても午後になると雲の出る日が続いていましたが、今日は久しぶりに雲らしい雲は無く、富士山は遠くからでも見えていました。
高座渋谷付近の大和か泉区へ行こうと思っていましたが、絶好のダイヤ日和になりそうだったので、マリンタワーに変更しました。

展望台2階は約95mの高さから、360°の眺望が楽しめます。
有料ですが、ガラスは垂直ではなく角度を付けてあるので、どこかのビルのように太陽が2重に写ることはありません。また、夜景の撮影でも、室内のライトがガラスで反射しないように工夫されいます。

出がけの片倉では富士山が見えていました。丹沢の上には雲がありましたが、浮き雲で気温が下がれば消えそうだったので、心配は無さそうでした。

かなり早めに家を出たつもりでしたが、既に多くの方が待機していました。
富士山は見えていましたが、山頂付近にに雲がありました。談笑しながら待つ間に消えていき、太陽一つ分ほど上に少し残っただけでした。

背後に薄雲があって、撮りやすいダイヤでしたが、少し厚かったようで、よく見ないと光芒が分かりません。
夕焼け前に上の雲は消えてしまい、背後の雲のせいで、小焼けもあまり色付きませんでした。富士山と少し離れているのが残念ですが、みなとみらいの夜景が綺麗でした。

   

撮影場所

大きな地図で見る

360°パノラマ

大きな地図で見る