舞浜大橋付近から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
昼間は日差しが届き、気温が 27℃まで上昇、日向では少し暑く感じられました。上着は必要なく、半袖でも快適に過ごせました。
朝のうちは大きな笠雲を被った富士山が見えましたが、昼前には雲に隠れてしまいました。

夕方曇りの予報が気になりましたが、良く晴れていたので、ギリギリまで待って出掛けることにしました。
舞浜駅から葛西臨海公園の方へ向かうと、旧江戸川の土手に出ます。舞浜大橋の少し北側から河畔に下りて、海の方へ進むと、駅から 30分程で、サンルートプラザ東京の西側辺りのポイントへ着きます。
若洲公園の風車の脇に富士山、左に東京ゲートブリッジ、右にお台場、その奥に東京タワーが見えます。

17時頃舞浜駅へ着いたときには、西の空は黒い大きな雲に覆われ、太陽はその中でした。ただ、その下は明るく、富士山の形をした雲も見えました。
10分ほど様子を見ていましたが、状況は変わりません。ホームからも撮れますが、ガラス越しなので、雲が取れることを期待してポイントへ行ってみることにしました。

河畔に下りたときには 8合目辺りから上が見えていましたが、ポイントへ着いた時には再び雲の中でした。
太陽は雲の中へ沈んでいったように見えましたが、帰ってから確認したら、富士山も見えていました。

2011年10月25日
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る