江戸川、京成線鉄橋から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
今日は二十四節気の「立春」。春の訪れを予感させるような晴天で、3月下旬並みの陽気でした。
東京の最高気温は午後 2時前に 13.8℃まで上がり、過去 50年間の立春の中では、最も気温が高くなりました。
1月は 25年振りの寒さでダイヤ日和が続きましたが、2月は平年より気温が高いそうで、雲が増えなければ良いのですが‥…。

かつしかハーブ橋の下は秋に撮ったので、今日も江戸川に行きました。根本排水機場の少し上流にピンポイントで見える場所がありますが、数人集まると微調整が利かないので止めました。
この辺では国府台駅のホームが一番高いので、一旦そこに決めました。
待っている間にスカイツリーの下半分がビルに隠れてしまうのが気になりだしたので、鉄橋の脇に移動しました。市川橋のトラスの上に富士山とスカイツリーが並んで見えます。

昨日以上に靄が濃く、背後に薄い雲もありましたが、満月のような太陽が沈む間だけは富士山も姿を現していてくれました。


【ダイヤモンドバット】
2011年2月4日
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る