荒川、川口市荒川運動公園から見たダイヤモンド富士

2013年11月29日
写真をクリックすると拡大します。
昨日、三泊四日で到来した寒気の影響で、八王子の朝の気温は1℃。全国的に冷え込み、関東78観測地点のうち44地点で、今シーズン一番の冷え込みとなりました。大阪では11月としては24年振りに初雪を観測しました。

冬本番の寒さになり、風を遮るものが無い土手はつらいのですが、空気が乾燥して遠くからも見えそうなので、荒川にしました。
川口駅から線路沿いに行くと、10分ほどで荒川に出ます。土手を上流に向かい、荒川運動公園とゴルフ場の境から少し浮間ゴルフ場寄りがポイントです。
太陽は右寄りに沈みますが、折角宝永山の下まで見える稜線をビルで切りたくないので、ここにしました。裾は黍殻山から御正体山まで広がり、大室山は完全に富士山の中で、気になりません。
対岸にビルの間を走る埼京線も見えます。

多摩川鉄橋を渡るときに、富士山がハッキリ見えて、邪魔な雲も無いので、期待してポイントへ向かいました。
着いたときにも富士山は良く見えていましたので、良さそうな場所を探してみましたが、結局最初の場所になりました。
空の透明度が高く、ダイヤ後は雪化粧までハッキリ見えました。
小焼けを待つ間、風が冷たいので、土手の外側斜面で待ちました。

   

撮影場所

大きな地図で見る