かつしかハーブ橋から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
今日は二十四節気「立春」。暦の上で「春」とされるとおり、寒さのドン底から脱出、昼間は日差しの温もりにホッとできました。
富士山は遠くからもクッキリ、珍しく館山からも見えました。

今日は上平井水門でダイヤとスカイツリーが撮れる日ですが、以前撮っているので、頭上にあるかつしかハーブ橋を入れることにしました。
富士山が見えるポイントがあるかどうか分からなかったので、駄目な時は江戸川の根本排水機場へ移動出来るように早めに出掛けました。2時間程前に中川の土手に着いた時には、既に荒川の土手に十数名の方が三脚を並べていました。水門脇でも見えそうでしたが、水門に視界を妨げられるので、上平井橋の方へ行ってみました。水門監視所の駐車場(?)から見えそうでしたので、そこに決めました。(水門脇から溢れた人が目の前の土手にまで並んだのは想定外でしたが‥…。)

富士山は京王片倉駅では良く見えていましたが、ここでは西の空が霞んで全く見えません。時間がタップリあるのでノンビリしていました。
30分前になったので準備を始めようとしたら、もう富士山が見えていました。
目の前のハーブ橋は大きすぎて富士山と一緒に撮るのには向かないようです。

2012年2月4日 気になるクレーン
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る

360°パノラマ

大きな地図で見る