かたらいの路から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
前線通過後は強い冬型の気圧配置になり、寒気が流れ込んで、まさに「冬晴れ」の天気。昼間は日差しがありましたが、暖かさは今ひとつ、日没後はグッと冷え込み、ウィンドブレーカーのお世話になるほどでした。
富士山は今シーズン始めて館山のカメラでも見えました。

今日は七曲りの北東にあるかたらいの路です。昔は高幡不動から野猿峠まで多摩丘陵沿いにハイキングコースが続いていましたが、今は農工大の施設等何カ所かで分断されていて、迂回して住宅地を通らないとつながりません。その一部、高幡不動から七生丘陵沿いが、かたらいの路として整備されています。

南平駅から線路沿いを南平2交差点に向かい、南平4交差点で北野街道を横断して、坂道を上ると、突き当たりがかたらいの路入口です。
今日は富士山が見えていたので、高幡不動で降りて、山内八十八ヶ所巡拝路を通り、53番付近でポイントを確認した後、程久保(三沢)側からかたらいの路へ入りました。

御殿場側には朝から雲が有りましたが、ダイヤには影響なさそうで、2日連続で期待出来そうでした。ところが山頂の左にあった道志村辺りの小さな雲が成長して、山頂を覆ってしまいました。数分前になっても居座っていたので、一転して、諦めムードです。

今日の太陽は力強く、雲を蹴散らして沈んでいき、立派なダイヤを見せてくれました。
今日は鉄塔に邪魔されないパノラマ夜景です。

2011年11月25日 3分前の雲 かたらいの路案内板
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る

かたらいの路入口

大きな地図で見る

かたらいの路入口

大きな地図で見る