霞ヶ浦、西蓮寺第二排水樋管から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
一昨日は発達した爆弾低気圧による大雪に見舞われました。都心では7年振り、8cmの積雪でした。気象庁は積雪の可能性は低いという予報で大黒星。
今日は段々と雲が減って、午後ほど晴れて、洗濯に良い天気という予報でした。

午前中は全天低い雲で覆われていましたが、予報を信じて霞ヶ浦へ向かいました。
どこもまだ大雪の痕が残っていましたが、多少時間がかかっただけで済みました。

午後になっても一向に雲は減らず、とてもダイヤの雰囲気ではありませんでしたが、兎に角行ってみることにしました。
美味しい錦まぶしを食べた後、まだ時間が早かったので、途中何ヶ所かポイントを確認しながら向かいました。

今日は井上舟溜で真ん中に沈みますが、牛久大仏と富士山が重なってしまうので、大仏が裾の右に外れるように、西蓮寺第二排水樋管にしました。

準備をして暫く待って、ふと気付いたら、いつの間にか上空は青空が広がっていました。
状況は多少好転しましたが、西の空は雲がありそうで、山中湖のライブカメラでも富士山は見えませんでした。救いは太陽がずっと丸いまま下りていたことです。
時間になると山頂のシルエットが浮かび上がってきました。1枚目をよく見ると左の稜線も見えます。
ダイヤ後はすぐに靄の中へ紛れてしまったので、早めに切り上げました。

2013年1月16日
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る