霞ヶ浦、井上から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
朝は1℃、今季1番の冷え込みでしたが、高気圧に覆われて、昼間は穏やかな暖かい日差しが、上空は青空が広がってお出かけを楽しめる良い天気になりました。

どこを見渡しても雲一つ無い絶好のダイヤ日和に誘われて、遠出しました。早めに出たので、昼過ぎには霞ヶ浦に着きました。観光用の帆引き船が出ていたので、暫く見て楽しんだ後、時間があったので周辺でポイントを探してみました。

1時間程前に湖畔のポイントへ向かいました。今日は牛久大仏がダイヤモンド富士を拝む日です。富士山の近くに大仏様が見えるようにするか、太陽が中央に沈む場所を選ぶか、迷うところですが、ダイヤを優先しました。

着いた頃には、まだ青空ばかりでしたが、次第に雲が増えて、一時は上空まで雲が浮かんできました。ポイントに向かう頃には上空の雲は消えましたが、西の空は雲が多く、富士山も見えませんでした。

薄めの帯状の雲の下には厚い雲があるように見えましたが、太陽がそこを通過する時にも丸いままだったので、雲では無く、濃い靄だと分かりました。
太陽が右下から欠け始め、富士山のシルエットが浮かび上がってきました。

2012年11月25日 直前の様子

Google Earthで見た
撮影場所の地図
霞ヶ浦帆引き船

撮影場所

大きな地図で見る