鹿島台公園から見たダイヤモンド富士

2016年11月25日
写真をクリックすると拡大します。
昨日東京で11月としては、54年振りに雪が降り、観測史上初めての積雪が観測されました。
関東に初雪をもたらした低気圧や前線は東へ遠ざかりきしたが、上空に寒気が居座り、八王子は氷点下まで冷え込みました。今期初の冬日です。昼間は良く晴れましたが、気温は1桁のままで、真冬の寒さが続きました。

今日はかたらいの道と高幡不動のほぼ真ん中にある鹿島台公園です。南平、高幡不動駅から長い坂を上って20分程度で着きます。
公園の北側か、南の階段の上がポイントです。視界は広くありませんが、階段の上にしました。大室山の真上に富士山が見えます。

京王片倉駅では道志に小さな雲が有るだけで、富士山はハッキリ見えていました。
ポイントでも同じで、全く心配はありませんでした。ここはあまり知られていないのか、寒さに耐えて一人で待っていました。
その甲斐あって、ひさしぶりに邪魔物が何もないスッキリしたダイヤが撮れました。

鹿島台公園内

(スマホカメラ)

撮影場所

360°パノラマ