相模川、貫抜川放水路から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
西から移動性高気圧が張り出してきて、朝晩は多少冷え込んだものの、昼間は春らしい暖かさでした。
午前中は青空が広がっていましたが、午後になると何時も通りに薄雲が広がってきました。

今日は久しぶりに相模川にしました。
社家で降りて海老名JCTの横を通るとすぐに相模川です。川縁に下りて東名の下をくぐって行くと貫抜川放水路にぶつかります。土手に上がって橋を渡った付近がポイントです。
大山の左に富士山、対岸の右にソニー、左に 26階建ての厚木アクストメインタワー、その左には相模川を渡る東名高速も見えます。

相模線から見ると丹沢の雲が大山の先まで延びて富士山を隠していました。
着いた時も状況は変わりませんでしたが、様子を見ていると山頂付近が明るくなり、大山から延びた雲は上昇していきました。しかしまだ富士山の後に高い雲、前に低い雲が残っていました。
黒い雲の下に現れた太陽は弱々しく、半分くらい沈むまでは辛うじて輪郭が確認できましたが、後は雲に紛れてしまいました。
暫くすると富士山が消えそうになったので帰ることにしましたが、東名の橋の手前で再びハッキリ見えだしました。

2011年3月12日
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る