酒匂川、金手から見たダイヤモンド富士

2018年4月9日
写真をクリックすると拡大します。
昨日は真冬並みの寒気が南下し、桜に雪が積もる光景が見られたようです。
太平洋側は移動性高気圧の圏内にあって広い範囲で晴天。朝はヒンヤリ、東京では18日振りに気温が6℃以下まで下がりました。昼間は過ごしやすい体感でしたが、ヒノキ花粉が飛散しました。

一時雲が増えましたが、その後減ってきたので、酒匂川へ行ってみました。足柄大橋の少し下流です。対岸には松の木が並び、富士山は矢倉岳の右に見えます。開成または相模金子から十数分です。
枝分かれした流れが静かだったので、河原に下りてみました。カメラ位置を低くすると水面に逆さ富士が映りました。

新松田では富士山はバッチリ、山頂に小さい雲が有るだけで、問題無さそうでした。川音川辺りを歩いているときは、左稜線に雲が湧いていました。ポイントに着いたときには、邪魔物はほぼ消えていました。

水面が多少揺れて、映った太陽はまん丸にはなりませんでしたが、光芒も見えました。思いがけずプレゼントされた、ダブルダイヤでした。

撮影場所

撮影場所

360°パノラマ