吉田町大日谷公園から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
高気圧に覆われ冬型の気圧配置が緩んだことで寒気も弱まり、昼間は真冬の寒さがピーク越えましたが、朝晩は寒く気温の変化が大きな一日でした。
午前中は空気が澄んでいて、遠く羽田や館山からも富士山が綺麗に見えていました。

今日も大動脈東海道やそれに準ずる中央線で帰ってこられる横浜にしました。
戸塚駅から横浜市営地下鉄ブルーラインに沿って 10分ほど行くとバス停日立和敬寮前の右に吉田町大日谷(だいにちやと)公園があります。公園付近はどこからでも富士山が見えますので、傍にある鉄塔をどう配置するかで、好みの場所を選べます。

午前中良く晴れていたので電車の中では安心していたのですが、横浜駅に着いた頃には雲が広がっていました。ただ、上層の雲なので富士山は見えるだろうと、そのままポイントに向かいました。

雲は思ったより厚く、太陽は辛うじて光っている程度でした。
富士山を犠牲にして思い切り絞り込み、何とか太陽の輪郭を写し込むことが出来ました。また、目の検査です。これだけでは寂しいので、太陽を飛ばして富士山も写しました。雲のお陰で逆光にならず、雪も写っています。
後は互いに犠牲にしたところを補完するだけです。
2011年3月18日
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る