上小林(南)から見たダイヤモンド笠雲

2016年4月30日
写真をクリックすると拡大します。
高気圧に覆われて、朝から晩まで晴れマークがずらり、GW2日目は風が収まりホッとする快適な陽気。絶好のダイヤ日和になりました。

一時雲が増えてきましたが、気にせずに御殿場へ向かいました。
松田でも小山でも南風に煽られたくもが、左稜線から山頂辺りにありました。

風があっても鏡のような水面のままの上小林にしました。
現地に着いてみると、いつもの田は休耕田になっていて、草ボウボウでした。その上、風除けになってくれた、3軒のうち2軒がなくなっていたので、多少波立っていました。

ダイヤ時刻までに稜線の雲は消えましたが、笠雲は残ったままでした。
太陽が雲に差し掛かると、熱で溶かされるように徐々に雲が薄くなっていきました。
期待しましたが、最後まで山頂は現れじまいでした。

以前の様子

撮影場所

360°パノラマ