上小林入口から見たダイヤモンド富士

2017年5月4日
写真をクリックすると拡大します。
移動性高気圧の圏内で、日差し優勢の空、新緑が眩しく感じる、暖かな陽気になりました。

午後になって雲が出てきましたが、何とかなりそうなので、御殿場へ行ってみました。
雲の様子から、上の方が良さそうなので、上小林入口バス停の傍にしました。南の林が風除けになって、静かな水面の田です。

片倉では富士山がバッチリ見えていましたが、相模線でも御殿場線でも雲の中に隠れていました。駿河小山では、前後の雲に挟まれ、見えるのは山頂付近だけでした。
御殿場駅では裾しか見えませんでした。

着いたときには、前後に厚い雲が有り、駄目そうでしたが、待つ間に後の雲が消え、可能性が出てきました。
次々と黒い雲が南風に流されて、通過していきました。時々山頂が見えましたが、ダイヤ時にどうなるかは運任せでした。

太陽が沈み始めるときには、雲に邪魔されましたが、沈みきる前に通り過ぎてくれたので、何とかダイヤになりました。
直後に邪魔物がいなくなり、富士山がバッチリ見えました。

ダイヤ前の雲と山頂

撮影場所

360°パノラマ