荒川、上平井水門から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
今日は立冬。日本の南北にあった低気圧がだんだんと東へ移動して、天気は回復し、風も弱まり、穏やかな空が戻ってきました。
朝は広い範囲で濃い霧が発生して、富士山は近くでしか見えませんでした。

夕方の予報が多少気になりましたが、出掛けることにしました。
東京スカイツリーが開業してから初めてのダイヤなので、近くから始めることにしました。
かつしかハーブ橋の下、上平井水門の横です。スカイツリーのすぐ右に富士山が見えます。
春は200名ほど集まったようですが、ベストポジションは数名分のスペースしかないので、早めに行きました。

出掛けの京王片倉駅では富士山が見えていたので、期待が持てました。
四ツ木と新小岩のほぼ中間ですが、今日は四ツ木から行きました。駅から20分程です。
雲は無さそうですが、霞んでいて何も見えません。

太陽の右下が欠け始めて、ダイヤの始まりです。富士山もやっと見えだしましたが、靄が濃くてハッキリしません。
スッキリ見えるようになったのは、ダイヤ後暫く経ってからでした。

2012年11月7日
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る