猪鼻砦跡から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
連休明けは青空スタート。朝はグッと冷え込みましたが、昼間は日差しが届いて、上着要らずの、清々しい新緑が眩しく感じられる陽気になりました。
予報に反して、富士山の近くでは、前線の北側雲の一部が伸びて、全く見えませんでした。

今日は足柄峠からの金時山登山道の途中にある、猪鼻砦跡です。
御殿場から尾根を見ると、ここが猪の鼻の先端部の形に見えるため、こう呼ばれるようです。正面に大きな富士山が見え、眼下に御殿場の街並みが広がる、絶景です。

早めに着いたので、手前のガードレールのところで様子を見ることにしました。頭上に薄雲が広がり、低い空には黒い雲が棚引いて、富士山を隠していました。
暫くすると、頭上は徐々に雲が消えて、月も見えてきましたが、低い黒い雲は全く動きません。
1時間ほど前になると、頭上はすっかり青空、西の頑固な雲も少しずつ低くなって、山頂が見えてきました。

可能性が出てきたので、砦へ登ることにしました。ゆっくり歩いたので、20数分かかりましたが、その間に状況は更に好転して、中腹以下に薄雲が棚引いているだけでした。

途中で諦めなっかたのがよく、綺麗なダイヤをゲット出来ました。帰り掛けに、御殿場では珍しく赤く焼けました。

案内板 三叉路付近

撮影場所

大きな地図で見る