湯殿川、稲荷橋から見た空振りダイヤ

2015年1月11日
写真をクリックすると拡大します。
3連休の中日も晴れて、お出かけ日和になりました。連日の10℃超えです。

今日は「鏡開き」です。餅を刃物で切るのは切腹を連想させるので、切らずに割っていましたが、「割る」も縁起が悪いので、末広がりの「開く」を使うようになったそうです。

午後山中湖のライブカメラを見たら、山頂に雲が纏わり付いていましたが、近くなので、湯殿川に架かる稲荷橋へ行ってみました。
川の延長線上に富士山が見えます。最近は少なくなりましたが、2~3年前までは、あちこちに鴨が住み着いていました。

着いたときには、山頂の雲以外の邪魔物はありませんでしたが、待つ間に道志に雲が湧き、やがて富士山を隠してしまいました。次々に新しい雲が湧いては、南へ流れていきました。

ダイヤ時刻になっても雲は取れず、太陽はその中へ沈んでいきました。沈む途中で、右の稜線と白山岳は見えましたが、残念ながら太陽が山頂に接する部分は、最後まで見えませんでした。

その後も暗くなるまで、富士山は隠れたままでした。

撮影場所

大きな地図で見る

360°パノラマ

大きな地図で見る