湯殿川、稲荷橋から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
移動性高気圧に覆われ、良く晴れていましたが、次第に薄雲が広がってきました。柔らかい日差しが届いて過ごしやすい穏やかな一日でした。

今日のポイントは湯殿川に架かる稲荷橋です。川の真正面に富士山と大室山が並んでいます。川面は穏やかで、水面すれすれにカメラを構えればダブルダイヤが撮れそうです。

白い雲のカーテンの前に富士山はずっと見えていました。
上層の薄雲は太陽の邪魔をするほどの厚みはなく、輪郭も確り出て、比較的扱いやすいダイヤでした。
夕焼けまでに雲は大分消えてしまいましたが、残った雲は赤く焼けてくれました。

家に着く直前の十字路で、自転車が転倒しました。近付いて暫く様子を見ていましたが、なかなか起き上がりません。声をかけてもハッキリした返事がありません。自転車に乗っている間に酔いがまわったのか泥酔状態です。前に倒れたので怪我はしていません。起こして座らせ道の端まで引きずりました。暫くはこちらの問いに答えてくれましたが、そのうちに横になって寝てしまいました。やむを得ず 110番してパトカーを呼ぶことにしました。最近は GPSで場所がすぐ分かるようで、説明の手間が省けます。10分経っても来ないので催促の電話をすると、「今向かっています。」と言う、何処かの出前のような返事でした。何人か親切な方が心配そうに声をかけてくれました。更に 10分ほど待たされて、やっとパトカーの到着です。後は任せて帰りました。

2010年12月1日  
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る

360°パノラマ

大きな地図で見る