江戸川、市川一中下から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
高気圧に緩やかに覆われて「節分」にふさわしい暖かさ、冬と春の分かれ目を連想させる天気になりました。
気温が上がったせいで、近くではクッキリ見えていた富士山も遠くでは霞んでいました。

今日から 3日間はスカイツリーとダイヤモンド富士のコラボです。秋は荒川に行きましたが、近すぎてスカイツリーが大きすぎ、富士山とのバランスが悪いので、江戸川にしました。国府台駅で降りて、京成線の鉄橋から里見公園付近までポイントを探すつもりで、少し早めに出ました。
市川一中の下辺り、木立の手前にスカイツリーが下まで見えて、ビルの右に富士山が見えそうな場所があったので、そこにしました。

靄が濃く京王片倉駅では大室山も霞んでいましたが、ここでも何も見えません。
沈み初めは太陽の中にシルエットが浮かぶだけでしたが、1/3ほど沈んだ頃から稜線が見えだしました。
2/3沈んだ頃に太陽が中央に来る左寄りのポイントだったのも幸いして、まずまずのダイヤが撮れました。

2011年2月3日 江戸川
和洋女子大下

(松戸のMSさん)
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る