酒匂川-報徳橋付近から見たダイヤモンド富士

2013年4月16日
写真をクリックすると拡大します。

本州付近は高気圧に覆われ、ポカポカ暖かな日差しが降り注ぎ、昼間は上着要らずの暖かさで、長袖だと暑く感じるほどでした。
南高北低の気圧配置で、空気中に、低気圧に向かって吹く暖かな湿った南風が運んできた水分が多く、朝から濃い春霞で、近くでも富士山は霞んでいました。

今日は酒匂川に架かる報徳橋の下流の土手です。富士山の右裾が矢倉だけに隠れますが、対岸に松林が見えます。

西の空は霞んで様子が分かりませんでしたが、栢山駅手前の小田急線の車窓からは、白い雲の前に霞んだ富士山が見えていました。

太陽が一旦黒い大きな雲に隠れて、下から再び顔を出した頃から、富士山がハッキリ見えてきました。
山頂に近づくに従い、段々太陽が弱々しくなってしまいました。

撮影場所

大きな地図で見る