仁杉から見たダイヤモンド富士

2014年5月9日
写真をクリックすると拡大します。
段々と日差しが届いて、午前中は穏やかな天気。昼間は気温が上昇して汗ばむ陽気になりました。
午後になると、上空の寒気により発生した寒冷渦の先端で、地上の暖かい空気との温度差が大きく、積乱雲が発生して大気が不安定になりました。関東各地に竜巻注意報が出され、都心では雹が降ったようです。

御殿場は影響なさそうでしたので、出かけることにしました。今日は東富士演習場の上高塚南から房総半島の多田良海岸にかけてのライン上です。仁杉の報徳コミセンの北側の田植えをしたばかりの田が良さそうでした。
仁杉区公民館裏の田にも行ってみました。いつもは南風なのに今日は西風で、公民館が風除けにならず、波立っていましたので、最初の浅い波の静かな田に戻りました。
中央に両裾まで大きく広げた富士山が見えます。

松田では富士山がハッキリ見えていましが、小山では山頂に雲があり、富士市の方へ流れていました。御殿場に着いたときには、まだ、雲がチラついていましたが、やがてそれも消えて、絶好のダイヤ日和になりました。

談笑している間に風も止み、珍しく霞みもなく、久しぶりに太陽光の強烈なダイヤになりました。

撮影場所

大きな地図で見る

360°パノラマ

大きな地図で見る