カントリーエレベーターから見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
GW最終日は高気圧圏内となり、広い範囲で日差しが降り注いで、昼間は半袖でも快適に過ごせました。昨日は台風 1号も発生し、夏の気配を感じる陽気になりました。

4月はチャンスが多かったのですが、月が変わった途端に様相が一変、今月はまだダイヤに出会っていません。
久しぶりの好天ですが、空は霞んでいたので、富浦は諦めて御殿場に向かいました。

御殿場線から見た富士山は周りに雲が纏わり付いていましたが、御殿場駅ではその雲もほぼ消えていました。
権現堂でバスを降り、ぐみ沢下交差点で 138号を横断して、そのまま北へ向かうと 20分程でJA御殿場のカントリーエレベーターに着きます。その裏で比較的波の少ない田が今日のポイントです。
途中の道路脇はずっと穏やかな水面で逆さ富士がハッキリ映っている田が続いていて、送電線さえ気にしなければ芝桜が満開の良いポイントも有りました。
仁杉地区は新しく造成された田園地帯で、水田が広がっています。視界が開けて富士山は両裾まで見えます。

雲一つ無いクッキリダイヤがゲット出来ましたが、焼けそうもないので早めに切り上げました。
休日ダイヤで適当なバスが無いので、前回同様駅まで 40分程の道のりを歩いて帰りました。もう早足で歩くとタップリ汗をかく時期です。

2011年5月8日
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る