広見から見たパール富士

写真をクリックすると拡大します。
ダイヤ後、急げば間に合いそうなので、パールを撮りに富士宮に向かいました。

富士パノラマラインから富士宮鳴沢線に入り、人穴小の先、人穴SSの角を左折すると広見地区に出ます。
この辺りはポイントが多く、月の昇る位置を選べます。山頂が右肩上がりで剣ヶ峯が一番高いので、測候所の上に月が出るポイントにしました。広見公民館から少し富士宮養鶏団地組合の方へ行ったところです。

途中満月が左の稜線に消えていくのが見えました。パールも大丈夫そうです。
17時半前に着いた時には、まだ明るく富士山もハッキリ見えていましたが、その後急激に暗くなり、月と富士山の明暗の差が大きすぎるパールになってしまいました。日の入り後 3~40分位までが、撮影しやすい明るさのようです。

2012年10月29日
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る