平塚養護学校付近から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
朝晩はまだまだ冬の冷え込み。昼間も日差しは届きましたが、風が冷たく春にはほど遠い寒さでした。

久しぶりに横浜を離れて平塚へ行ってみました。金目川と鈴川の間の寺田縄から岡崎にかけては田園が広がり、どこからでも富士山が見えます。
平塚養護学校の隣にある花菜ガーデンの北が今日のポイントです。正面にチェックメイトの丘を抱いた富士山、左に分かりやすい形の矢倉岳や金時山、右に権現山や弘法山といった秦野の低い山が見えます。
手前を小田原厚木道路が走り、正面に平塚IC、右に岡崎架道橋があります。
遮るものが何も無く、北風をもろに受けて真冬のように寒い撮影でした。

茅ヶ崎駅では富士山が良く見えていました。雲は上に離れていて、久しぶりにスッキリしたダイヤが望めそうでした。
着いて暫くすると山頂付近に出た雲が段々厚くなりました。意地悪な雲には困ったものです。
太陽は雲間を縫って沈んでいきましたが、半分ほど沈んだ頃に山頂の上に窓が空き、輪郭がハッキリしてきました。
ダイヤ後は山頂から少し離れた雲に影が映り、珍しい山頂だけの影富士が見られました。

2011年3月26日
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る