東山湖から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。

↑ 影富士(手前)
昨日から梅雨前線は日本の南海上に停滞し、梅雨の中休みになりましたが、昨日は雲が多く、富士山は見えませんでした。
今日の天気分布予報を見ると、富士山周辺から広い範囲で、夕方晴れ間が広がっていました。久しぶりにチャンス到来です。

駿河湾上の湿った空気が南風で運ばれてくるので、夏は山中湖側に雲が無くても、御殿場側は雲で見えないことが多いのですが、今日は全く逆でした。乾いた風に雲が流されて、山中湖側に集まっていました。

駿河小山では、まだ山頂の左半分だけでしたが、御殿場に着くと、全体が見えていました。
東山湖に早めに着いた時には、雲は中腹付近まで下がっていて、左の稜線は全体が見えていました。
釣り用のデッキでは早めに引き上げてきたサギが羽を休めていました。
その後も雲は少しずつ下がり、山頂の上には雲一つ無い青空が広がっていました。何の心配もない絶好のダイヤ日和です。

ダイヤ時刻が近づくと突然山頂付近に雲が湧き、次々に上昇していきました。
沈み始めは運悪く、山頂は雲に隠れましたが、すぐに窓が空き、約1ヶ月半振りのクッキリダイヤになりました。

ダイヤが始まる前に、富士山の手前に富士山の影が映り、影富士が見られました。余程条件が良かったようで、手前に出来る影は珍しく、始めて見ました。
終わった後は逆に後ろにいつもより大きな影が現れました。

↓ 影富士(背後)
2012年7月10日
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る