東山湖から見たダイヤモンド富士

日本海と三陸沖に中心を持つ高気圧に覆われて、今日も太陽はパワフル!強い日差しが注いで、気温が上昇、初夏の陽気という言葉がピッタリの天気。日向では半袖日和でした。

久しぶりの好天気に恵まれ、張り切って御殿場に向かいました。
駅では周りに雲が多いものの山頂はハッキリ見えていました。
前に行くか後に行くか雲の様子を見ながら悩みました。前(近く)では山頂の上の雲の影響は無くなりますが、中腹より低い雲が上がってきたとき、山頂が見えなくなります。後(遠く)では逆に山頂の上の雲が下がったときに駄目になります。

結局小涌園行きのバスに乗り、後の東山湖に向かいました。二の岡でバスを降り、秩父宮記念公園沿いに行くと 10分弱で着きます。

バスを降りたときには富士山は全く見えなくなっていました。
山頂付近の雲が多少薄めなのが救いでしたが、ほぼ諦めて時間まで待っていました。
2~3分前に太陽が元気に輝きだし、半分ほど沈んだところで、山頂の雲が取れてくれました。

2010年6月2日
Google Earthで見た撮影場所の地図

写真をクリックすると拡大します。


撮影場所


大きな地図で見る