東富士ダム南から見たダイヤモンド富士

2015年5月6日
写真をクリックすると拡大します。
今日は二十四節気の立夏。日差しが降り注いで、暦通り初夏らしい陽気になりましたが、天気は下り坂、中国大陸から伸びる前線が段々と活発になるため、西から次第に雲が広がってきました。

昼過ぎには、全天雲に覆われましたが、高層の雲で、富士山は見えていました。運が良ければ、ダイヤが撮れるかもしれないので、行ってみることにしました。

道中段々雲が増えてきたようで、Uターンも考えましたが、酒匂川沿いの車窓からは、富士山はウッスラと見え、太陽も弱々しくも輝いていたので、御殿場まで行ってみました。
谷峨では太陽が明るく輝き出しましたが、御殿場駅では、見えなくなっていました。

こんな時は、出来るだけ仰角が大きいうちにダイヤが始まる場所が良いので、ダブルは諦めて、東富士演習場内の大日堂へ向かいました。久しぶりの演習場で、ナビミスで道を間違えてしまい、間に合いませんでした。

25分ほど後に始まる、東富士ダムへ戻ることにしました。幸いGW最終日で、皆さんが帰った後なので、138号の渋滞もなく、間に合いました。

雲が厚くなることを心配しましたが、怪我の功名で、太陽が一番輝きだしたときに、ダイヤが始まり、儲けもののダイヤをゲット出来ました。
最後には虹も彩りを添えてくれました。

【 虹 】
小山市役所の鯉のぼり

撮影場所