幡ヶ谷1丁目から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
「韓国から日本海に進む低気圧の影響で昼前から段々と雲が広がり天気が下り坂です。」
という天気予報で、スカイツリー 3日目は早々と諦めてしまいました。

15時ころになっても一向に雲の増える気配はなく青空が広がったままです。
幡ヶ谷駅南口から徒歩 4分、家から一番早く行ける幡ヶ谷 1丁目の歩道橋に向かいました。
京王線が地下に潜る付近で、京王線と新線が並んで、富士山に向かって走っています。目の前は笹塚駅です。
フェンスが高いので、ポイントは階段の上or階段だけで、精精 2~3人です。

雲一つ無い青空ですが、西の低い空は霞んでいます。見たところ雲は無さそうです。
太陽が欠け始めましたが、山頂以外は見えません。(後で写真を見ると靄で稜線が見えなかったのではなく、雲に覆われていました。)
半分ほど沈んだ頃には見慣れた山頂の形が現れました。

2010年11月8日 直前の山頂  

白山岳以外
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る

360°パノラマ

大きな地図で見る