城ヶ島、白秋記念詩碑から見たダイヤモンド富士

2014年5月2日
写真をクリックすると拡大します。
晴れて気持ちの良い初夏の陽気。昼間は動くと汗ばむほどで、薄着でも過ごしやすい体感になりました。
PM2.5の濃度は東京で基準より低い、25μg/m3でしたが、空は霞んで、朝、富士山が見えたのは酒匂川辺りまででした。

約1ヶ月かけて南下した、三浦半島のダイヤも終わりに近付いてきたので、今日は城ヶ島へ行ってみました。城ヶ島大橋の下、海岸に建つ白秋記念詩碑付近です。三崎港の半島側の灯台の上に富士山が見えます。

途中の車窓からも現地でも、空が霞んで雲か靄かも分からず、勿論、富士山は全く見えません。ただ、太陽が元気に下りてくるのが救いでした。

御殿場や小田原のライブカメラで、富士山が見えだしたので、多少期待できそうになりました。10分ほど前になると、ウッスラとシルエットが浮かび上がってきました。

残念ながら、太陽が沈み始める頃、薄雲が上昇してきて、邪魔をしました。それでもよく見ると、雲間に何カ所か山頂のラインが見えます。カモメも上からダイヤを眺めていました。
雲が離れたのは、ダイヤ後暫くしてからでした。

撮影場所

大きな地図で見る

360°パノラマ

大きな地図で見る