相模川、萩園から見た空振りダイヤ

写真をクリックすると拡大します。
本州の南の海上にある雲は、反時計回りに回転する、寒冷渦(寒気を伴った上空の低気圧)の雲です。この端が流れ込んで、朝から雲の多い空でした。

すっかり諦めていましたが、15時前に急に明るくなり、ライブカメラを見ると富士山も見えていました。まだ、間に合う相模川へ行ってみました。秋分が近いので、この時期は一日分の移動距離が大きく、もう寒川からの方が近い、湘南銀河大橋の少し下流まで来ています。

今日も太陽はほぼ時間通りに雲の中へ沈んでいきました。三振を通り越して、4日連続の空振りです。

2012年9月14日 雲の中へ
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る

360°パノラマ

大きな地図で見る