江戸川、玉葉橋から見た空振りダイヤ

2013年12月24日
写真をクリックすると拡大します。
20分前
八王子は今朝も氷点下、朝晩は厳しい寒さでしたが、昼間は乾燥した冬晴れの一日でした。

昼頃スカイツリーのカメラからも富士山がクッキリ見えていたので、江戸川へ行ってみることにしました。吉川市と野田市の境に架かる玉葉橋です。冬至の折り返し点の一つで、江戸川では数少ない送電線に邪魔されない場所です。
東武野田線の梅郷からは40分程度かかりますが、吉川駅からジャパンタローズバスに乗り、玉葉橋下で降りて橋を渡れば、10分弱で着きます。

着いた時には右裾が見えるだけで、黒い雲に覆われていました。都庁や立川のカメラでは富士山が見えていましたが、上に真っ黒な雲が横たわっていました。八王子辺りの雲でしょうか。遠くではその雲が相対的に下がって見えるので、富士山が隠れてしまいます。

雲はゆっくり南へ流れていき、時間直前には山頂の上は薄くなりましたが、山頂付近は雲が残ったままでした。
山頂が現れたのは、30分後、帰りのバスに乗る頃でした。

   
2分前
ダイヤ時刻

撮影場所

大きな地図で見る

360°パノラマ

大きな地図で見る