江戸川、玉葉橋から見たダイヤモンド富士

朝は前日比-14℃、キーンと冷えて冬らしい寒さ、朝のうち残っていた雲も消え、昼間はスッキリ冬晴れでした。
ただ、西の空の雲はずっと無くならず富士山は隠れたままでした。

上空は晴れ渡っていたので雲が相対的に低くなる遠くのポイントへ行くことにしました。
吉川駅からバスに乗り玉葉橋下で降りて橋を渡り野田市側の土手に行くと、既に大勢の方がカメラを構えていました。

低い雲は残っていましたが、数分前になると、その上に富士山がうっすらと現れてきました。
冬らしいスッキリしたダイヤモンド富士です。
ダイヤ後も富士山は消えることなく、夕焼けも綺麗でした。

帰りはみずき通りから野田市のまめバスで梅郷駅に出ました。
最後の写真はその途中で撮りました。

2008年12月23日
Google Earthで見た撮影場所の地図

写真をクリックすると拡大します。


撮影場所


大きな地図で見る