茱萸沢(北)から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
例年ですと梅雨明け一週間は雨マーク無しですが、今年は梅雨明け宣言が勇み足だったような毎日でチャンスがありませんでした。
今日は一転、朝から気温がグングン上がり、多治見での38.0℃を始め、全国約930観測点のうち111ヶ所で猛暑日になり、682地点で真夏日になりました。
「鯨の尾形」、太平洋高気圧の西の端で等圧線が鯨の尾のようになることがあります。日本付近がこの尾におおわれると天気が安定して“盛夏”、暑い夏になることが多くなります。
8月1日からの約1週間、かなりの高温(7日平均地域平年差+1.8℃以上)になる確率が30%以上という「異常天候早期警戒予報」がでました。

御殿場駅では上空は青空でしたが、山頂の遙か上までの雲があり、富士山は見えませんでした。
東富士演習場(中1)の一番西へ行ってみました。着いた時には中腹から上が良く見えて、万々歳でしたが、やがて下から雲が上がってきて、すっかり隠れてしましました。待っても良くなりそうもないので、パレットごてんばに移動することにしました。
陸上競技場付近まで下がった時に、上下の黒い雲の間で、山頂付近だけ明るくなっていました。再度変更して茱萸沢(北)にしました。
富士山の下にそば処浅草十和田の建物が見えるポイントです。

山頂付近に多少雲はありましたが、富士山は靄の中にウッスラと見えていました。時間までにはハッキリと見えだして、久しぶりのダイヤゲットになりました。

   
2012年7月26日 東富士演習場(中1)
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る