御殿場市体育館から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
超大型で非常に強い勢力の台風 6号は、オホーツク高気圧が頑張ったお陰で、北上出来ず、四国と紀伊半島の南端に立ち寄っただけで、海上にUターンしていきました。
天気予報は台風の動きが遅いので、まだ影響が残ると予想して、一日中曇りマークが並んでいました。今日は無いと諦めていましたが、台風が南寄りに去ったせいで、天気の回復が早く、午後の御殿場は青空が広がり、富士山も綺麗でした。
八王子はまだ全天曇り空でしたが、行かないと撮れないので、行ってみることにしました。

御殿場に着くと山頂付近は雲に覆われていましたが、今日のポイント、パビーラ御殿場へ向かいました。一時は山頂の雲が薄くなり、良い雰囲気になりました。喜んでいると上の黒い雲が少しずつ下がって来て、ダイヤ時には山頂に達しそうでした。
中畑まで行けば、雲の前で影響はなさそうなので、カメラは三脚に付けたまま移動することにしました。

前に行くほど雲の影響は無くなりますが、ダイヤ時間も早くなります。246号を過ぎる頃には太陽が山頂のすぐ上まで近付いていました。とても中畑まで行けそうもないので、急遽体育館に変更しました。

体育館の西側、小山川沿いの田に着いて、シャッターを押したときには、太陽が半分ほど沈んでいました。ギリギリセーフです。

ご近所の親切な方が、遠くまで帰るのではお腹が空くだろうと、家に戻って、おいなりさんを差し入れしてくれました。ありがとうございました。
美味しく頂きながら夕焼けを待っていましたが、本格的に焼ける前に黒い雲に覆われてきたので、帰ることにしました。決断が遅れたので、19時01分の電車には間に合いません。
1時間待つのも大変だ。ということで、いつもお世話になっている地元のYさんが、電車と追いかけっこをしてくれることになりました。
駿河小山駅の少し手前で、乗る予定の電車が走っていくのが見えました。更に先まで行って頂き、東山北では電車を追い越すことが出来ましたが、入口が反対側なので、結局松田まで送って頂きました。ありがとうございました。

2011年7月21日 パビーラ御殿場
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る