御殿場駅から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
今日は天気が回復、12日振りの夏日には届きませんでしたが、一歩手前まで気温が上昇して、半袖で気持ちよく過ごせました。
復活した太陽も朝のうちは元気でしたが、次第に広がってきた上層の薄雲に遮られがちになりました。

いつもの時間に出掛けようとしましたが、御殿場は上層の雲が厚そうで、予報も夕方曇りなので、一旦は諦めました。
それでも 4日振りのチャンスなので、気を取り直して出掛けることにしました。

駿河小山から足柄では富士山は雲の中に見えていましたが、すぐ左の雲が気になりました。
御殿場に着いたのが 17時53分、ダイヤまで 4~5分しかないので急いで 2階の通路に向かいました。窓ガラスを開けると、マイロードの先に富士山が見えます。

7~8合目の雪が見えるだけで、上も下も太陽も雲の中でしたが、三脚をセットし終わったときに、急に明るくなり、太陽が山頂に沈んでいきました。
電車が定刻通りに着いてくれたので、ギリギリセーフでした。


御殿場駅の壁には鉄道唱歌が掲示されています。

鉄道唱歌

1~21番

22~44番

45~66番
2011年6月3日
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る