五所塚見晴らし坂から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
連休2日目も西高東低の冬型の気圧配置が続き、朝は氷点下の極寒でした。低気圧が東の海上に去るに連れて等圧線の間隔が広がり、風は段々と弱まって、昼間は日差しの温もりを感じられました。

狛江駅から梶が谷駅行のバスに乗り、五所塚で降りて、急坂と階段を上ると数分で長尾神社前のポイントに着きます。眺望がきき、住宅街の向こうに丹沢全体が見渡せます。ここでは富士山と蛭ヶ岳の右の稜線が重なって見えます。

ポイントに着いた時には富士山の周りに雲がありましたが、稜線は見えていました。
手前の雲は時間と共に消えていきましたが、富士山に張り付いた雲は消えず、左肩から山頂の左半分は隠れたままでした。また、山頂からは地吹雪も舞い上がっていました。
ダイヤ後は久しぶりに長い影が伸びていました。

2013年2月10日
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る

360°パノラマ

大きな地図で見る