古利根沼から見たダイヤモンド富士

2014年1月23日
写真をクリックすると拡大します。
東に進む高気圧が大陸から接近して、西から晴天のエリアが広がっていました。十分な日差しで温もりを感じられて、体感温度もアップしました。
湿度が20%台に乾燥して、PM2.5の濃度も下がったので、朝は遠くまで良く見通せました。

板東バスの中峠(なかびょう)から、20数分利根川の方へ行くと、古利根沼があります。沼畔はブッシュ等が茂っているので、比較的綺麗な船着き場の上にしました。これが失敗で、富士山の左が欠けてしまいました。数メートル右に移動したのが、7枚目です。

多摩川鉄橋では富士山が綺麗に見えていましたが、ポイントでは、気温が上がったせいか、霞んで何も見えませんでした。

直前になってシルエットが浮かび上がってきましたが、最後まであまりハッキリしませんでした。
靄が濃く、大きな影富士の後、少し焼けましたが、雲も出て、すぐに色あせてしまいました。
早めに切り上げて、帰りは大和団地入口からバスに乗りました。

   

撮影場所

大きな地図で見る

360°パノラマ

大きな地図で見る