富士見が丘富士見公園から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
朝から夕方まで晴れマークが並んでいましたが、北からは寒冷前線が接近中で、午後は天気急変に注意との予報でした。
富士山は朝から見えず、ずっと曇り空のままでした。

午後になっても雲が広がったままでしたが、山中湖で富士山が見えだしたので、天気の回復を期待して出掛けてみることにしました。
上層の雲が厚いので近場の方‥…、小山の枝垂れ桜が良さそうです。
ただ、昨日はやま三ヶ岡山緑地の景観が期待したほどではなかったので、海岸に戻るために、600段の階段を急いで下りたせいで足が痛く、あまり歩きたくありません。
駅から近い二宮の富士見が丘富士見公園にしました。

茅ヶ崎で東海道線に乗り換える頃には薄日が差してきました。
二宮駅で 10分ほど様子を見ていましたが、上層の雲は厚いものの、手前の雲は山頂から離れていました。少し太陽の光が増してきたような気がしたので、思い切って行くことにしました。
高台の公園で、二宮の街並みが眼下に広がります。
満開の桜の木の間に富士山の右半分が微かに見えていました。

2011年4月11日
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る