富士ケ嶺266から見たパール富士

2014年5月13日
写真をクリックすると拡大します。
低気圧・前線が東へ移動し、広いエリアで朝まで雨が降っていました。風が弱かったので、昼前からの天気の回復は少し遅れましたが、午後からは急速に回復して、気温もグングン上がりました。
全国927地点中345地点で夏日を観測しました。また、甲府市では、31.0℃を記録し、本州で今年初めての真夏日になりました。その他、韮崎市、川根本町、福知山市等でも30℃を超えました。

パール富士を狙って富士ケ嶺へ行ってみました。
南一条集会場が今日のポイントですが、パール時刻が日没の約15分前で、気象条件にも拠りますが、紅富士には少し早そうなので、もっと前で良さそうな場所を探してみました。
富士ケ嶺交差点から富士クラシックへ向かう道を進み、ネイティブビレッジの方へ右折した道の先、2つ目の十字路付近が良さそうでした。途中にも見える場所は在りましたが、電線が邪魔なので、ここにしました。仰角が大きいので、少しの距離でも開始時刻が変わります。ここは10分前で、まずまずの時間です。

霞みも薄く、雲ひとつ無い青空が広がって、富士山はどこからでもクッキリ見えていました。
始まる前に、山肌が少しずつ色付き始めました。この時期の夕方は、山肌が直接真っ赤になる夏や雪が紅く染まる朝のように、焼けることは無く、少し色が変わるだけです。

月は剣ヶ峰の左から顔を出し、剣ヶ峰を斜めに横切って昇っていきました。

撮影場所


大きな地図で見る