府中本町駅から見た空振りダイヤ

2017年1月22日
写真をクリックすると拡大します。
朝は氷点下の冷え込みでしたが、昼間は晴れて、気温も10℃近くまで上がり、日差しが暖かく感じられました。

今日は暖かく撮影が出来る府中本町駅構内にしました。武蔵野線ホーム行きエレベーター前の窓がポイントです。眺望がきき、昨日の伊勢丹からの眺めとほぼ同じです。富士山は大室山と黍殻山の間の凹みを埋めています。窓を開けられるので、ガラス越しではありません。

多摩川を渡るときの富士山は、山頂に雲が棚引いていました。
雲は動く気配が全くなく、むしろ厚みを増して、稜線の大部分が隠されてしまいました。
12月後半から、年始めはダイヤ日和が続きましたが、ここに来て、ダイヤと空振りを交互に繰り返しています。

撮影場所