団合から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
梅雨前線が北に移動し、前線から離れている西〜東日本の太平洋側のエリアは良く晴れて、気温がグーンと上昇。熊谷では 39.8℃まで上がったようです。

御殿場の天気予報も 17時頃までは晴れマークが並んでいたので、今日も出掛けることにしました。途中、富士山は雲の中でしたが、青空が広がっていました。ところが県境を越える頃から様子が一変、今にも雨が降り出しそうな空になっていました。

御殿場駅でも濃い霧で、近くの NTTの鉄塔も見えにくく、勿論富士山の周りは灰色一色でした。
地元の写友の「富士山は見えているよ。」という有り難い情報がなければ、昨日のようにUターンしていました。

念願だった富士山麓病院(旧御殿場高原病院)へ向かいました。途中玉穂支所辺りまでは霧が濃かったのですが、中畑を過ぎると青空が広がっていました。
前回のように霧が追いかけてこなければ、ダイヤになりそうです。

この時期にいつもある背後の雲が無かったので、久しぶりに強烈な太陽の光で、山頂に貼り付いていた雲も問題になりませんでした。

夕焼けを待っている間に、近くで黒い雲が発生して富士山を隠してしまいました。再び姿を現したのは、夕焼けが終わる頃でした。
駅付近の霧はまだ晴れていず、夜霧が綺麗でした。

 
   
2011年6月24日
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る