明星ヶ岳、大文字から見たダイヤモンド富士

太陽がパワフルに輝き、気温はグングン上昇、東京は真夏日になりました。
御殿場は朝のうち薄雲に覆われ富士山は見えません。午後になって雲は減りましたが、低い雲が富士山を隠していました。

今日は明星ヶ岳の途中、大文字焼きの「大」の字のところです。
登山口から約 50分で着きます。
歩きやすい道ですが、ずっと登り坂が続きます。下りは 30分です。

眺望がよく、正面に富士山、手前に箱根の山々、その手前に仙石原や強羅、宮城野の街並みが見下ろせます。左には強羅からのケーブルカーやロープウェーも見えます。

富士山の周りは霞んでいましたが、低い雲が有りそうです。
そのうちに山頂の上辺りに黒い大きな雲が湧いてきました。数分前に少し上に上がってくれ、隙間が出来ましたが、低い雲は相変わらず山頂の高さまであり、右裾が僅かに見えるだけです。

ダイヤ予定時刻通りに太陽が沈んでいったので、雲は山頂すれすれだったようです。

2010年5月21日
Google Earthで見た撮影場所の地図

写真をクリックすると拡大します。


撮影場所


大きな地図で見る