中央橋から見たダイヤモンド富士

2013年12月14日
写真をクリックすると拡大します。
オホーツク海にある低気圧と大陸の高気圧に挟まれ、日本付近では冬型の気圧配置が続いています。冷たい青空。キリッと冷えた空気が日差しの温もりを打ち消しました。真冬の服装が必要な寒さでした。

今日は昨日のリベンジに同じ中央橋へ行きました。
昨日とは打って変わって、雲一つ無い冬晴れが、午後になっても続いていました。

富士山の周りにも邪魔者は何も無く、ダイヤを待つだけでした。
この時期特有の空気中に水分の少ない、澄み渡った空を通ってくる太陽光は強烈です。
富士山頂は北風が強いらしく、地吹雪が高く舞い上がりました。

   

撮影場所

大きな地図で見る

360°パノラマ

大きな地図で見る