新羽稲荷(カメリア付近)から見たダイヤモンド富士

2014年2月25日
写真をクリックすると拡大します。
新羽稲荷神社
2月になって西風が吹いたのは1日だけで、後は全て北風でした。今日は初めての南風で、春先取りの3月中旬の心地良い暖かさになりました。同時に湿った空気も運んできました。
PM2.5の中国からの越境飛来は2,500m以下の低いところを飛んでくるので、気圧配置の影響を受けます。春の高気圧の縁を回って飛来したので、38μg/m3と高い値です。

夕方まで良く晴れて、ダイヤ日和になりそうでしたので、千葉ポートタワーへ行ってみようと思いましたが、先の2つの要因により、濃い霞で見通しが悪くなりそうなので、諦めて近場にしました。

新羽駅から西へ十数分行くと、高台に介護老人保健施設カメリアがあります。入口付近の階段上の木々の間に見晴らしの良いポイントがあります。
丹沢全体が見渡せ、塔ノ岳と大山の間に富士山が見えます。
ここでは今日はかなり右寄りに沈みます。多摩川に行くつもりで、少し早めに出て時間に余裕があったので、近くでポイントを探してみることにしました。
緑産業道路の方へ下りる途中の左に高台がありました。坂道を登った上の駐車スペースが良さそうでしたが、お留守だったので諦めて、坂の途中の小さな祠の脇を入ったところにしました。
電線が邪魔ですが、まずまずのポイントです。

片倉ではここ2~3日と同じように、西の低い空は真っ白で、丹沢さえ見えませんでした。
ポイントでも同じように見えましたが、目が慣れてくると、微かに富士山が見えました。
10日振りのスッキリしたダイヤがゲット出来ました。
夕焼けはカメリアに戻りましたが、富士山はすぐに靄に紛れてしまいました。

(電線は消してあります。)

   
カメリア
オリジナル

撮影場所

大きな地図で見る

撮影場所

大きな地図で見る