荒川、荒川河口橋から見たダイヤモンド富士

2013年10月27日
写真をクリックすると拡大します。
高い海水温が原因で太平洋高気圧が強く張り出しているため、10月に日本に接近(各気象台などの300キロ以内に入った場合)した台風は過去最多の6個になりました。平年の数は、1.5個ですから、いかに多いか分かります。
台風27号は温帯低気圧に変わって日本の東の海上に移動。大陸からは移動性高気圧が接近して、日本の周辺は一時的に西高東低の気圧配置になりました。

台風一過の青空が広がっていたので、期待して荒川に向かいました。葛西臨海公園駅から10分強の荒川河口橋です。橋の上も考えましたが、歩道が富士山の反対側で、間に高速、国道と京葉線が入るので、諦めて橋元にしました。木場のビル群の上に富士山が見えます。

上空は良く晴れていましたが、残念ながら低い空には、山頂付近まで雲に覆われていました。
太陽は雲の中へ沈み始めましたが、途中から白山岳付近が現れてくれました。
夕焼けはそれ程焼けませんでしたが、明かりが点る頃になってやっと山頂付近と右の稜線が見えてきました。

   
10分前の雲

撮影場所

大きな地図で見る