浅川、暁橋から見たダイヤモンド富士

2017年12月27日
写真をクリックすると拡大します。
寒波がピークを迎え、冬型の気圧配置が強まって、今期一番の寒い日になりました。朝は氷点下まで冷え込み、昼間は日差しが届きましたが、太陽よりも風の冷たさが優勢でした。

秋までのダイヤのチャンスの少なさが嘘のように、11月下旬から連日ダイヤ日和が続いています。今日も雲の少ない冬晴れで、どこでも撮れそうでしたが、地元にしました。
暁橋の少し上流の浅川土手です。ビルと高尾山の間に富士山が見えます。ここから浅川橋の方に近付くほど、富士山が高尾山に隠れていきます。

着いたときには、数名の方が待機していました。左の稜線に小さな雲が有りましたが、邪魔にはなりません。

今日も光は強く、光芒を放ちながら、ほぼ中央へ沈んでいきました。
これだけ空気が澄んでいると、ダイヤ後は期待できません。

撮影場所

撮影場所

360°パノラマ